忍者ブログ
毎日の料理日記
[4]  [3]  [2]  [1] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

観葉植物は現代の無味乾燥な都会の暮らしに今や欠かせないものです。オフィスや病院、役所の待合室にも置いてありますね。 風水の流行も観葉植物の流通には拍車をかけたかもしれません。風水詳しい方はアイビー、パキラ、ポトス、いろいろあるのに全部知っていたりします。 観葉植物の緑色が視野に入るだけで気持ちをリラックスさせる効果があるそうで、仕事が忙しいとその存在には気づかないものですが、恩恵は受けているようです。

観葉植物によって、ほんとにずいぶんと、観葉植物の育て方や増やし方は異なります。でも、ここではアイビーについて育て方や特徴についてちょっと見てみましょう。 アイビーは別名をヘデラというウコギ科のヨーロッパ原産のつた系の植物です。観葉植物の中では低温や乾燥に強いことから育てやすい病気になりにくい観葉植物のひとつです。 アイビーと言う観葉植物はつた系の特徴どおりに半日陰でも丈夫に育つので、日当たりなどにそれほど気を配らずにカーテン越しの日差しで室内において置けるのも長所です。

観葉植物アイビーは上述のようにほんとうに乾燥や低温に強いので、極端にすれば一年中外に放っておくこともできますが、それだと葉が赤くなったり黄色くなったりはしますので、風水上は問題があるかもしれませんね(笑)。 水分補充ですが、アイビーの場合は鉢土の表面が乾いたら、たっぷりかけてやるのが簡単です。ヘゴ仕立て(支柱にからませてあるもの)のものは、ヘゴにも、水をかけます。 つた系の観葉植物に共通する大事な手入れとして、アイビーだけでなく、ポトスもそうなのですが、あまり、葉がわさわさと茂って混んでいたら、すいて 風通しをよくして、虫を防ぎましょう。切った枝は簡単に刺し芽で殖やせます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人だけにコメントする。)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(06/01)
(07/24)
(03/02)
(10/15)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(10/15)
(03/02)
(07/24)
(06/01)
P R

Copyright © 料理が上達するレシピ All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]