忍者ブログ
毎日の料理日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ガイナの素晴らしさを一人でも多くの施主様にお伝えすることに時間を使いたいからです。株式会社心力舎も塗装や建築を扱う企業ではありません。
PR
いつも愛用しているらでぃっしゅぼーやのHPにこんなことがかいてありました

-----------------以下、転記---------------------

いつもらでぃっしゅぼーやをご愛顧いただき、まことにありがとうございます。

北関東を中心に、福島第一原子力発電所の事故に起因して、農・畜・水産物が放射性物質で汚染されました。らでぃっしゅぼーやは、お客様のリスクを回避し、 安心につなげるため、また風評被害を起こさないため、基本的に国の暫定規制値・都道府県などの様々な機関による調査・行政からの指示を遵守し、自社でも第 三者分析機関を通じて安全性の確認を行ってまいりました。
今後、その体制を確かなものとするために、自主検査体制を、より拡充いたしましたのでご報告申し上げます。

らでぃっしゅぼーやは畑や栽培方法まで確認ができる、トレーサビリティを築いています。その強みを生かし、畑からお届けまで、一貫して商品の安全性を確認してまいります。


いつも利用している私からしたら
新鮮野菜の野菜配達らっでぃっしゅぼーや
の野菜はとってもおいしいですよ!
と、言って風評被害を食い止めたいですね。

しかも、野菜を頼むとそれに合った料理レシピがついてくるのでほんとに助かるw

これからもおいしい野菜をお願いします

ヨーロッパ原産の観葉植物はそれほど多くないのですが、その中でもアイビーはもっとも有名なもので、別名がヘデラというウコギ科のつた植物です。そして丈夫で乾燥や低温に強いこと、病気になりにくい観葉植物であることで知られています。
アイビーはつた系の植物ですから、当然ながら日陰にも耐えます。家の北側や室内の日照でも十分に生きている扱い易い観葉植物です。
丈夫な観葉植物なのでアイビーは外に放っておいても基本的には大丈夫なのですが、当然ながら霜や直射日光では葉が痛んで見た目が美しくなくなりますので、真夏や真冬は屋内の方がよいです。
水分補給に関してはアイビーにはどのぐらいがいいかと言うと、土の表面が乾いたら水をやる程度でいいです。やり過ぎにも比較的強いようです。
観葉植物は現代の無味乾燥な都会の暮らしに今や欠かせないものです。オフィスや病院、役所の待合室にも置いてありますね。 風水の流行も観葉植物の流通には拍車をかけたかもしれません。風水詳しい方はアイビー、パキラ、ポトス、いろいろあるのに全部知っていたりします。 観葉植物の緑色が視野に入るだけで気持ちをリラックスさせる効果があるそうで、仕事が忙しいとその存在には気づかないものですが、恩恵は受けているようです。

観葉植物によって、ほんとにずいぶんと、観葉植物の育て方や増やし方は異なります。でも、ここではアイビーについて育て方や特徴についてちょっと見てみましょう。 アイビーは別名をヘデラというウコギ科のヨーロッパ原産のつた系の植物です。観葉植物の中では低温や乾燥に強いことから育てやすい病気になりにくい観葉植物のひとつです。 アイビーと言う観葉植物はつた系の特徴どおりに半日陰でも丈夫に育つので、日当たりなどにそれほど気を配らずにカーテン越しの日差しで室内において置けるのも長所です。

観葉植物アイビーは上述のようにほんとうに乾燥や低温に強いので、極端にすれば一年中外に放っておくこともできますが、それだと葉が赤くなったり黄色くなったりはしますので、風水上は問題があるかもしれませんね(笑)。 水分補充ですが、アイビーの場合は鉢土の表面が乾いたら、たっぷりかけてやるのが簡単です。ヘゴ仕立て(支柱にからませてあるもの)のものは、ヘゴにも、水をかけます。 つた系の観葉植物に共通する大事な手入れとして、アイビーだけでなく、ポトスもそうなのですが、あまり、葉がわさわさと茂って混んでいたら、すいて 風通しをよくして、虫を防ぎましょう。切った枝は簡単に刺し芽で殖やせます。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新記事
(06/01)
(07/24)
(03/02)
(10/15)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(10/15)
(03/02)
(07/24)
(06/01)
P R

Copyright © 料理が上達するレシピ All Rights Reserved.
Material & Template by Inori
忍者ブログ [PR]